家も車も仕事も失い、着の身着のまま生きていた時。

ずっと傍にいた愛猫の福が気づかせてくれた大切なこと。

「ありのままの自分でいいんだよ」

時由地材では、由り処となるコミュニティを作り繋げる活動を行っています。

nekodamari

由’s share houce