お問い合わせはこちら

空き家問題の法改正:地域社会と連携した解決策

お知らせ

近年、日本各地で深刻化している空き家問題に対し、政府は法改正を進めています。

法改正などを見ても、政府が国をあげて急速に取り組みたいという姿勢が見受けられます。

この記事では、空き家問題と法改正について理解するとともに、どのような対策をすべきかについて解説していきます。

空き家対策の法的基盤

2015年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。

どんな法令かざっくりと説明すると

自治体に「空き家の所有者に適切な管理を促し、必要に応じて行政代執行を行う権限」を与える法令です。

特定空家(危険な状態にある空き家)には、固定資産税の軽減措置を解除し、早期の解体や改善を促進する仕組みが整っています。

つまり、空き家を放置していると、、、

税金の支払いが大きくなってしまうことを意味します。

その額はおおよそ6倍になると言われています。

さらに2021年に法改正

2021年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」の改正が行われ、自治体が迅速かつ柔軟に空き家対策を実施できるようになりました。

これにより、特定空家の所有者に対する改善命令の権限が強化され、従わない場合には罰則を科すことが可能となりました。

また、空き家問題リノベーションや賃貸物件としての活用を促進するための補助金制度も拡充されました。

つまり、、、

しっかりと情報を持っている人は国の制度を利用してお得に空き家の対策ができる反面、何もせずにそのままにしてしまっている人には課税という形をとるみたいですね。

これには「空き家問題」に対して国が力を入れて取り組もうとしている強い意志を感じますね!

地域社会の取り組み

法改正だけではなく、地域社会全体での取り組みも重要です。

地域住民やNPO、民間企業が協力し、空き家の再利用やコミュニティスペースとしての活用が進められています。

古民家を改装してカフェやシェアオフィスとして再生するプロジェクトも成功を収めています。

実際に執筆している私も空き家を活用してシェアハウス事業を行っており、地域活性、さらにはDIY講師として、建築士として、「建物」について広くマルチに活動しています。

もし、

「空き家を抱えていて悩んでいる」

「人が集まるような空間を作りたい」

など、コミュニティ作りやデザインなど、お悩みがありましたら、お問い合わせください。

まとめ

空き家問題の法改正とその影響について理解することで、

私たち一人ひとりができる対策や協力の重要性を再認識できます。

また、私たちは「見捨てられたものに価値を」というコンセプトのもと、私たちは活動をしています。

私たちが行っている事業の一つに空き家活用までのファーストステップとして、

空き家の中の片付けを行なっています。

空き家になってしまった家をはじめとした「見捨てられたもの」にでも工夫をすることで価値をつけていくことは可能です。

このブログを読んでくださった「これからなにか行動を起こしたい」という方の力になれればと思います。

これから空き家を活用していきたい方はまずは空き家の片付けからでもお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました