お問い合わせはこちら

ひとりで抱え込まなくても大丈夫!終活の片付けを手伝ってくれる業者とは?|終活で家族に迷惑をかけたくないあなたへ〜

お知らせ

これまでの人生を後悔なく締めくくる上で大切な「終活」。

終活の中でも特に大きな仕事が、自宅の片付けです。

終活の片付けはただの断捨離とは違い、思い出を振り返ったりしながら人生を締めくくるための大切な儀式。

ただ、ひとりでやるにはあまりにも物が多すぎる…

でも、家族にもできればあまり迷惑をかけたくない…

さらに業者に頼むと言っても、大切なものまでどんどん捨てられてしまわないか不安…

そう考えて、たったひとりで抱え込もうとしてしまっていませんか?

じつは、最後まで家族思いなあなたの想いに寄り添いながら、あなたのペースで片付けを手伝ってくれるプロの業者がいるのです。

この記事では、そのような終活の片付けの際にぜひとも頼りたい終活の片付け業者について解説していきます。

終活で業者に頼るべき人とは?

業者に頼った方が良い方とは、ズバリ「ひとりで片付けを進めようとしてしまっている方」です。

終活の片付けに置いて最も大切なのは、ひとりで抱え込まないこと。

片付けは想像以上に体力を使います。

無理して重いものを持ち上げたり、長時間連続して作業をしていると、取り返しのつかない怪我に繋がることも多いです。

また、ひとりだけで進める片付けはなかなか進まないのも事実です。

気づいたらアルバムの写真に見入ってしまったり、思い出の品を捨てるかどうかでクヨクヨ迷ったり…

そのような時に第三者が入ることで、ちょっとだけ客観的に、必要か必要でないかを判断することが出来るようになるかもしれません。

終活の片付けに適した業者とは?

終活の片付けで業者を選ぶ際に重要なのは、「あなたのペースに合わせてくれるかどうか」です。

料金が安かったり、場所が近いからという理由だけで適当な便利屋さんなどに片付けを依頼してしまうと、

「大切なものまでゴミとして捨てられてしまった」

…などというトラブルになりかねません。

終活の片付けにおいては、片付けの「スピード」のみを売りにしている業者ではなく、

あなたの体力的に無理のないペースで、思い出の品を吟味し、一緒に考えてくれたり、あなたの思いに寄り添ってくれる業者さんを選ぶことが大切です。

まずは相談してみませんか?

時由地材料の代表、本谷由香は5年以上、ご依頼者様の思いを大切に「それぞれのペースを大切にしたお片付け」を多くの方々とともに実践してきました。

効率的に片付けを進めるべきところは効率的に進めつつ、大切な思い出の品は一緒に吟味しながら、あなたの思いに寄り添った終活のサポートを行っていきます。

 また二級建築士としての知識と経験から、残された家のリフォームや今後の手続きなど、お家に関わる終活の悩みをトータルでサポートすることも可能です。

ひとりで抱え込まずに、まずは以下のフォームから一度相談してみませんか?

時由地材 代表 本谷由香の自己紹介

『見捨てられたものに新たな価値を』

この理念のもと、茨城県水戸市を拠点に空き家の片付け・リフォーム事業や廃材のリメイク、シェアハウスを通じた心の拠り所づくりなどを行っております。

私の祖父は大工で叔父も建築士だったので、ものごころついた時から建築が身近にあり、一級建築士の資格も取得。物の再利用にも興味をもち、失われゆくものの魅力を発見し、新たな価値を創造してきました。

 ご依頼者様の想いや建物に寄り添った片付けと再活用方の提案によって秘められた価値を再発掘し、住む人、建物、その地域に幸せをもたらします。

また保護猫活動も行っており、売上金の一部は保護猫基金への寄付に充てさせていただきます。

料金のめやす

基本的には見積りが必要です。

片付けの場合の料金目安:

軽トラック一杯分:約15,000円

(消火器・冷蔵庫など特定品目の処理は別料金となります。)

家一棟分の片付け:300,000〜400,000円

ご連絡・ご相談はお気軽に!

タイトルとURLをコピーしました