お問い合わせはこちら

40代の終活でやるべきこととは?40代からできる終活のポイントを解説!

お知らせ

この記事を見ていらっしゃる方は、身近で最近、「死」を意識する出来事に出会った方も多いのではないでしょうか。

まだまだ体力もある一方で、両親の老いや親しかった人との別れなど、今まであまり考えてこなかった「死」にも向き合い始めることが多いのが40代。

そんな死を考えはじめたあなたに、まだまだ人生の折り返し地点の40代からはじめる終活のメリットや、どのようなことをすれば良いのかについて、解説いたします!

40代で終活を始めるメリット

体力と判断力がある

40代から終活を始める大きなメリットのひとつは、まだ体力も判断力もあるということです。

終活は断捨離で沢山のモノを断捨離したり、自分の財産の相続に関する重要な決断をしたりと、想像以上に体力を使います。

老後に終活を始めると、体力や判断力が衰えてなかなか進まず、かえって家族に負担をかけてしまうこともあります。

体力も判断力もある40代から自分の身の回りの断捨離や重要な決定を行っておくことで、より自分にとって満足が行く終活ができるほか、「死」という人生の最終地点に向き合うことで、これからの人生をより良くすることにもつながるでしょう。

老後の不安が少なくなる

終活を考え始めた方の中には、身近な人の死を経験し、

「自分が亡くなった後はどうなるんだろう」

「周りに家族に迷惑をかけてしまわないか心配」

と「死」に対する不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

だからこそ終活を通して、自分が亡くなった後について考えることを先延ばしにせず、希望を家族にもしっかり伝えておくことで、死に対する不安を和らげることができます。

40代から特にやっておくと良いこと

体力のあるうちに断捨離を!

40代の終活で最もやっておきたいことは、「断捨離」です。

多くのものを残して亡くなってしまった方がいた場合、その家族が死を受け入れられず、大量の遺品を家に残したまま暮らしているということもよくあります。

断捨離は家族に迷惑をかけたくない、という方ならまず最初に取り掛かった方が良いことです。

また多くのものを残したまま老後を迎えると、体力的な問題から片付けに苦労することが多いです。体力がまだある40代は片付けが最も捗る年代と言えるでしょう。

断捨離を始めるには、まずは体積の大きいものから始めることがコツです。

小さいものや思い出の品などは、吟味しているとつい見入ってしまったりと時間がかかってしまうので、まとめて箱に入れてゆっくりと吟味すると良いでしょう。

一緒に改めて人生を振り返ってみませんか?

断捨離を始めたいけど、どこから手をつけて良いのやら…

物が多くて一人で断捨離はしんどいけど、便利屋に頼むのはちょっと…

捨て方のわからないゴミがある…

…などなど、片付けがしたいけど一人では不安なあなたには、整理収納アドバイザーの利用がおすすめです。

整理収納アドバイザーとは、あなたの大切にしている思いに寄り添いながら、無理のないペースで一緒に片付けを進めることのできる業者です。

片付けや整理収納のコツ、特殊なゴミの捨て方など、あなたの片付けを、無理のないペースで一緒に伴走いたします。

時由地材の代表本谷由香は、地域で数少ない女性整理収納アドバイザーとして、相談者様の思いやペースに合わせた片付けを行ってきました。

それらの経験から、あなたのペースに合わせた片付けをカスタマイズしつつ、これまでの人生の振り返りをサポートいたします。

ご相談や料金のお見積もりなど、以下からお気軽にご相談ください。

本谷由香プロフィール

『見捨てられたものに新たな価値を』

この理念のもと、茨城県水戸市を拠点に空き家の片付け・リフォーム事業や廃材のリメイク、シェアハウスを通じた心の拠り所づくりなどを行っております。

私の祖父は大工で叔父も建築士だったので、ものごころついた時から建築が身近にあり、二級建築士の資格も取得。物の再利用にも興味をもち、失われゆくものの魅力を発見し、新たな価値を創造してきました。

ご依頼者様の想いや建物に寄り添った片付けと再活用方の提案によって秘められた価値を再発掘し、住む人、建物、その地域に幸せをもたらします。

また、空き家と猫を通じたまちづくりの一環として、保護猫活動も行っております。

売上金の一部は保護猫基金への寄付に充てさせていただきます。

neconowa
neconowa top
タイトルとURLをコピーしました